内閣府認証NPO法人 Green Help Japan (GHJ)

人と自然にやさしい暮らしを

 

田畑があり川もある、岩山に囲まれた小さな村に高齢の父母が住んでいます。

4年前から、帰省するたびに「土地改良材」を畑や家の周りに撒いています。農薬を使わないので安心で、手に一握り取り、豆まきのように撒くだけなのでとても簡単です。

 

 

撒いてから初めて収穫した野菜を父母は、「たいした大きな大根じゃの~ こんなのはじめてじゃなぁ~!」「買った野菜とは違って、うちのはおいしい」と、とても喜んでいました。

 

昨年の夏には娘達が「いやしファーム」を持って行き、土地用端子を家の周りの土地に挿し、水を溜めたバケツの中に「土地改良材」を入れて軽くかき回したものを撒いていました。

今年行った時には、今までよりもいっそう周りの木々がやさしく感じ、育てている花もやわらかくきれいで、心も体も安らぎを感じました。

 

 

農作業が嫌いだった父は、ひざが悪い母を手伝うために畑で一緒に作業をするようになりました。普段は2人の疲れを癒してもらうために、入浴時に「ミモレ入浴用転写液」と「月虹」を入れてもらっています。「ひのき葉油」を2~3滴落とすと香りがたち冬は湯冷めがしなくていいと喜んでいました。

 

残り湯は直接川に流れるので、ひのきからできた自然に優しい入浴液は、安心して使うことができます。

今回行ってみて変化を感じたことで、負荷をかけない暮らしは、人や自然にとても大切なことだと心から感じました。

 

 

「みんなの活動」グループ